--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/03/02.Tue

momentum factory Orii

新商品の紹介です。


play



購入はこちらでどうぞ。
http://shop.syoubidou.co.jp

さらに松美堂オリジナルの商品も続々掲載していきます。

問合せは
store@syoubidou.co.jp

スポンサーサイト
宣伝です | Comments(1) | Trackback(0)
2010/02/24.Wed

新商品 time and space

時を刻むデザイン。

伝統工芸品。

富山県高岡市、私の生まれ育った故郷では

全国有数の伝統的工芸・産業で発展した土地です。

伝統的工芸・・・

時代を感じさせる何やら古いイメージを持った品だとお思いの方がいらしたら、

本日限りで考えを改めていただきます。

伝統的工芸とは、時代を重ねる度に新しい技術・知識を

蓄積していき、また新しい時代を創っていく

先進の工芸です。

と私は思っています。

温故知新とはよく言ったもの。

現代の高岡市にも先進の技術と知識をもって

工芸品・産業を発展させている方々がいます。

松美堂STOREの新商品を紹介いたします。

orii06
orii07
orii02
orii01


“time and space (壁・置)”

銅板発色の斑紋模様を文字盤に活かした時計です。

そして・・・

orii04
orii03

壁掛け専用の時計。

発色されるカラーはさらに展開していきます。

高岡の品を愛する松美堂STOREに是非、ご注目ください。

新商品は今月中にupしていく予定です。



宣伝です | Comments(1) | Trackback(0)
2010/02/03.Wed

原型製作

小型のデジカメで撮影した動画を編集しました。
松美堂WEBにて公開していきます。

こちらは一足お先に公開しちゃいました。

今後は動画での商品説明など試験的にブログで紹介していきます。


[広告] VPS


業界最安値・・・社長にもっと言い方ないのかと言われましたが

思い付かずこのままアップ。

社長と彫塑家の畑満は実の兄弟なので、いろいろと無理が言えるのです。

価格、日程、彫塑以外のお仕事など・・・

牛つながりで小矢部の「メルギュー」そろそろ原型完成している頃かな?

雪満開の季節ですので、くれぐれも御滑りに気をつけてください。
原型製作 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/28.Thu

その昔・・・

その昔、平家追討の令旨に応じて

信濃国で挙兵した源義仲は平家方の

城助職の大軍を横田河原の戦いで破り

その勢力を北陸道方面に大きく広げた。

平家は平維盛を総大将とする10万騎の

大軍を北陸道へ差し向けた。

平家軍は越前国の火打城の戦いで勝利し

義仲軍は越中国へ後退を余儀なくされる。

幾度の戦いを経た後、

平家軍は一旦後退し、能登国志雄山に

平通盛、平知度の3万余騎、加賀国と

越中国の国境の砺波山に平維盛、平行盛、

平忠度らの7万余騎の二手に分かれて陣を敷いた。

義仲は源行家、楯親忠の兵を志雄山へ向け牽制させ

義仲本隊は砺波山へ向かう。

義仲は昼間はさしたる合戦もなく過ごして、

平家軍の油断を誘い、ひそかに樋口兼光の一隊を

平家軍の背後に回りこませた。

平家軍が寝静まった夜間・・・・

義仲軍は突如大きな音を立てながら攻撃を仕掛けた。

浮き足立った平家軍は退却しようとするが退路は

樋口兼光に押さえられていた。

大混乱に陥った平家軍7万余騎は唯一敵が攻め寄せて

こない方向へと我先に逃れようとするが・・・

そこは倶利伽羅峠の断崖だった。


『源平盛衰記』ではこの攻撃の際に義仲軍は

数百頭の牛の角に松明をくくりつけて敵中に放ったと

いわれる。


その現場が、富山県の小矢部市から石川県の河北郡津幡町。


小矢部市は、牛をテーマにしたオリジナルキャラクターを

製作しています。

その名も「メルギューくん」

merugyu











原型製作 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/25.Mon

UNRYUU


play


簡単なスライドです。

発売から4年。

まだ問合せが続く品です。

当社オリジナル工芸品 「UNRYUU」は松美堂STOREにて

お買い求めください。

「UNRYUU」
製造元 : syoubidou
原産地 : 高岡
価格 : 4,990円 (税込)
W120×D65×H30 220g 真鍮製


龍が雲の間から顔を出し、葉巻を咥えていっぷく
しているかのようなお香立て。
ただお香をたく道具から一歩踏み込んだ
みて、イメージして、使って楽しめるお香立てです。
だからこそ、飾っておくだけでも十分に楽しめます。

龍もきっと、いっぷくしたい時があるんです。
龍の口にそっと葉巻(お香)を挿して
リラックスさせてあげてください。

葉巻の灰は雲の中へ・・・

【UNRYUU誕生秘話】

この龍は、薄端と呼ばれる花器の一部品なのです。
スタッフが男らしい香立てを作りたいと考え、煙巻く
雲を作り合体させました。

昨年、東京ミッドタウン内のショーケースに展示
戴きました。


宣伝です | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。